【メンテナンス】120回山へ出撃して破れたビブパンツを修理に出してみた!【ノースフェイス】

スポンサーリンク
snow board

こんにちは、ノニヤマです

今回は三年程前から冬に着用しているビブパンツを修理に出してみた話です

しかも購入したショップではなく【石井スポーツ】へ・・

これが素晴らしい結果になりましたので、最後までご覧ください

この記事にオススメの方

  1. ウェアの修理を考えている人
  2. スノーボードウェアを長く使用している人
  3. ノースフェイスの修理技術、心意気に興味がある人
  4. 石井スポーツファンの方

ウェアの状態

シーズン中の滑走日数は少なく見積もっても40日
それが3年間で120日 大事に使ってますが撥水性能の低下も見られます

ベンチレーション用の止水ジッパーの縫製部ほつれ

ツリーラン中に枝に引っかかったのが原因

BC時に破れないかと気を遣うのは結構ストレスがたまる
というか滲みるんですよね


パンツ裾内部のパウダーガード縫製破れ

スノーシューが引っかかったのか、原因はわからず

大きな不満ではないが、パウダー滑走時に雪の侵入を確認

ついでに直してもらおう

修理までの流れ

ノースフェイス製品の場合です

・まずはウェアを購入したショップ、または正規取扱い店へ相談
・日本の場合、修理は製造元である株式会社ゴールドウインへ送る
・ウェアを送る前に汚れが多い場合は自分でクリーニングが必要とのこと
・見積もりをしてもらい修理依頼、という流れ

以前記事にてクリーニングはバッチリ!

綺麗になったウェアを送ります

富山県まで行ってらっしゃい、マイウェア

修理受付は石井スポーツにて

ノニヤマ
ノニヤマ

どこへ持ち込もうか悩んだんですが、

修理工場までウェア送料無料
・修理状況の確認が出来る 
・修理代金に対して10%ポイントが付く
 とメリット沢山なので

石井スポーツさんにお願いしました

見積もり

店舗にウェアを預けてから5日後 石井スポーツから電話が来ました
見積もり額は口頭で説明
ゴールドウィンがどの部分をどう直すか、費用が掛かる理由など詳細に教えてくれて
これだけで【ノースフェイス】のボードウェアを買って良かったと思えました

費用はとっても格安だったのでそのまま修理をお願いしました

納期はおよそ6週間とのこと! やはりオフシーズンに出すのがベストです!

修理状況

ウェアを預けてから約2週間後、ふと預かり証をみてみると

修理状況が確認出来る!

さすがのヨドバシグループ オンラインで状況確認とは素晴らしい
(2019/4月より 石井スポーツはヨドバシカメラに買収されグループの一員になりました)

では早速アクセス!個人情報を入力・・。

もう完了してる!まだ2週間しか経ってないのに・・

そこから2日後の16日目にショップから修理完了ウェアが届いたと連絡が!

修理されたウェアとご対面

修理内容「止水ジッパーの縫製部ほつれ」・・・

本当にどこがほつれていたのか分かりません、修理レベル高過ぎ!!

続いて 裾内部のパウダーガード縫製破れ

なんと白線内の布地、ぐるっと一周交換してくれています

今回修理してもらった箇所はどちらも左足側
酷使されたウェアは右側も少しほつれ部分がありました

ゴールドウィンは、修理依頼していない右側部分まで直してくれていました
本当にありがたいです!!!

素晴らしい修理の金額は!?

2200円 て安くないですか!!
ほんとにポイント付いてる・・・

しかもこの金額 説明によるとパウダーガードの布地代のみ!
こんなにしっかり直してくれたのに、技術料取らないなんて・・・・

ノニヤマ
ノニヤマ

ますます【ノースフェイス】大好きになりましたーーー!

ありがとう ゴールドウィン!

また何か修理することがあれば、石井スポーツ通します!

今回のウェア修理まとめ

・ノースフェイス製品は高い修理技術で長く使用できる!

目指せ滑走200日・・

・山系ブランド修理なら石井スポーツ
へ持ち込もう!


修理で付いたポイントで 山道具が買えますよ

ここまでお読みいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました